機能で見る東京都内のバーチャルオフィス

東京で起業したい方、現在都内でオフィスを探されている方におすすめの情報があります。それはバーチャルオフィスというものです。レンタルオフィスのように作業スペースを借りられるというものではなく、実際の作業場とは異なる、住所、電話番号を借りることが出来るものを指します。これを利用することで、自分がこれから会社を興すにあたって、オフィスを実際に借りずとも会社の登記上の住所を一等地に設定することが出来るのです。特に東京のように賃料の高い地域ではこの恩恵を最大限受けることが出来ます。銀座や丸の内、六本木といった憧れの地区にオフィスを構えることが出来るのです。さて、そんなバーチャルオフィスですが、どのような魅力的な機能があるのでしょう。東京都内のバーチャルオフィスの機能性をご紹介するとともに、活用方法をご紹介します。

東京都内のバーチャルオフィスの魅力的な機能をご紹介

なぜ東京の一等地に会社を置くのがいいかというと、一概には言えませんが、少なくとも信頼度が違います。ちゃんとしたビジネス街にある会社はちゃんとした会社に違いないという印象を持たせることが出来るので、会社としての箔が付きます。また、駅近くにある場合が多く、実際にバーチャルオフィスに出向く際のアクセスが良好です。さらにこれだけの好立地にも関わらず料金は月4~5千円程度からと手頃です。郵便物はオフィス経由で実際の自宅等の作業場所に届きますので、自宅から出勤することなく、仕事が出来ます。また、実際の作業場所の住所は開示されないので、セキュリティ面も万全です。また、料金は少し上がりますが、英語を話せる秘書を依頼することが出来るので、海外との取引に臆する必要がありません。レンタルの会議室を提供している場所もあるので、普段は自宅で、大事な打ち合わせはオフィスで、というような切り替えが柔軟にできます。

バーチャルオフィスをもってどのように活用しますか。

バーチャルオフィスの目的は様々ですが、一例をあげるならば、とにかく会社の所在地を手に入れるため、が挙げられます。そういった方は最も格安の価格帯のオフィスで大丈夫です。電話対応代行や、ミーティングで利用する場合がある方はそういったオプションのついたプランを選択しましょう。また、複数の社員がいる場合はクラウド上で仕事の書類や成果物のやり取りをすることで、実際に来社することなく、効率的に業務を勧められます。また、データだけで仕事のやり取りをすることが増えるので、クラウドワーキングサイトを通じたアウトソーシングの依頼、受託にも適しているといえます。ここではあくまで一例を紹介しましたが、ほかに様々な使い道があるはずです。みなさんも東京のバーチャルオフィスを最大限活用し、高コストパフォーマンスでかつ高効率な会社運営を実現しましょう。