価格別 地域別 東京バーチャルオフィス一覧

近年、会社の設立が増加傾向になっているのに伴って、一般的な方法では登記のためにオフィスを用意するのが主流ですが、レンタルオフィスより家賃経費を抑えることができるバーチャルオフィスが流通の兆しを見せています。東京のバーチャルオフィスも件数が増えており、利用客の需要も上昇傾向にあります。基本的にバーチャルオフィスとは、業務を行なう場所とは別の場所で住所や電話番号を借りることができるオフィスのことを言います。バーチャルオフィスでは業務は自宅で行っていても、例えば東京都内の一等地にでも自社オフィスを設置が可能です。レンタルオフィスよりバーチャルオフィスでは家賃経費が安いと言っても、それぞれコスト面は違ってきます。自社が構えたいと思っている場所とコスト面が比例する場所を見つけることが大切です。

東京のバーチャルオフィスとシェアオフィスの違い

東京のバーチャルオフィスと合わせて耳にするのがシェアオフィスやレンタルオフィスですが、バーチャルオフィスは、一般的な業務を行なうオフィスと違って電話の受け継ぎや私書箱の機能をメインにしたオフィスになります。それに対してシェアオフィスは、仕事場として利用できますが、ほかの業種や企業の方と共同で作業を行なうオフィスになります。シェアオフィスは、バーチャルオフィスに作業場を追加した場所だと言えるので、オフィススペースも合わせて持ちたいという方では最適です。ちなみに、レンタルオフィスにすると設備などは他の企業と共有しますが、執務スペースは企業ごとに個室でレンタルできるというオフィスになります。これらの特徴と違いを把握した上で、自社が求める形態を探すことが大切です。また、東京都内のどの場所に構えるかによって費用も異なるので、様々な場所で比較を行なうことが大切です。

東京のバーチャルオフィスならコストを抑えて企業が可能

東京都内にあるバーチャルオフィスでは、月額料金も去ることながらサービス内容も多種多様となっています。東京のバーチャルオフィスには、一等地で月額1080という破格の値段で利用できるオフィスや、国内で最安値となる月額480円で利用できるオフィスがあります。どちらも、郵便物の転送を行ってくれるので、とても便利に利用可能です。また、国内最安値オフィスではインターネットや秘書代行など、充実したサービスを利用できるコースが用意されているので用途に合わせて変更可能です。デザイナー企業やIT企業が軒を揃えている好立地な場所では、シンプルなサービス内容となっており月額2000円で利用できます。東京のバーチャルオフィスを探す際には、外観がきれいなビルを探すことをおすすめします。清潔感を持たせることで、印象良く魅せることができます。